スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
国道425号
2009-09-28 Mon 00:41
連休中に誕生日を理由に
連日ただ呑みたいだけの管理人
リュウジのブログにようこそ。

18 D氏誕生日おめでと~
「連休4日目はMDさんお誕生日おめでと~♪」

どうみてもお誕生会の雰囲気ではありません
ただの吞み会です(笑)

そんな訳で連休周辺巡り最終章
連休3日目のお話
コロプラ的お土産をメインに
吉野~十津川~龍神温泉方面に出掛けてまいりました

1谷瀬の吊り橋&みくさん
「谷瀬の吊り橋に行ってきたよ~♪
 って当初のタイトルじゃなくなってるね>▽<」


そんな気がつけばタイトルを変えざるをえなかった
旅の記録は続きから
この日は運悪く出張から帰ってきたキタヒーも捕まえて
龍神温泉にでも行こう~と朝から出発して........

2やぱりコメダ
「コメダの喫茶店で朝からゆっくり~♪」

何故か判らんが雑談したり朝食をとっていたら
えらく長い時間をコメダで過ごしてしまった(笑)

ま~今日もそんなにややこしい行程でもないし
ゆっくりコロプラのお土産を漁りながら奈良県を南下

3大鳥居
良く判らない看板に誘われて気がつけば吉野神宮に
無目的だと寺社仏閣に何かあるかとついつい寄ってしまいます
でも無意味ではありませんでした
見事にコロプラ的お土産「ほらがい」ゲット(笑)

4吉野神宮入口&みくさん
「後醍醐天皇を祭神とする神社なんだって~♪」

寺社仏閣に最近よく立ち寄る(コロプラ的お土産のせいもあって)が
残念ながらマニアではないので祭神とか
さっぱり覚えられません(笑)

5
6
このとき参拝客は少なかったですが
無目的に来てしまったにしては予想外の敷地の広さ
そして年季のはいったたたずまい
歴史を感じる立派な神宮でした。

その後さらに南下をして十津川村方面へ
本当に10年ぶりくらいにこの辺の道を走るが
ところどころ道路が良くはなっているものの
昔とかわらないグネグネ道
正直道幅が狭いので対向車のサンデードライバーが
大きくはみ出して曲がってくるのがとても怖かったです^^;

7猿谷ダム&みくさん
「猿谷ダム~♪」

ここまで来たら谷瀬の吊り橋まであと少し
でもこの場所に立ち寄ったのは初めてだったりします。

8
当たり前だがどのダムも凄い高さです。

少しの休憩後ようやく谷瀬の吊り橋に到着
しかし、周囲の道路が大渋滞
連休中な為、駐車待ちの車が道を埋め尽くして動けん!!

とりあえず色々待たされたので........
9谷瀬の吊り橋
記念撮影くらいはして来ました。
いや~渋滞に巻き込まれただけではなんか嫌だったもので^^;

気を取り直して本来の目的
龍神温泉を目指します。

何の下調べもしてなかったが距離的に
吊り橋から40kmも離れてない場所なので
十津川の酷い山道に文句を云いながら
気楽に進んでいきます。

そして直線距離で20kmを切り
国道425号線に入った時点でおかしな表示を見ます
龍神温泉40km
ΣΣ( ̄◇ ̄;)!!

10 425号線
今までの道より急に狭くなって
対向車が来たら間違いなく困る
ほぼ一車線の国道が
我々をお出迎えします。

11 425号線
道幅が狭い、曲がりが急、アップダウンが激しい!!
正直、車の運転は過信するのは良くないが
仕事などで大きなトラックに乗りなれてたので
自信はあるほうである
以前も那智大社方面に皆で出かけた際(→熊野巡り)にも
酷道といってよいほどの道を皆で通った覚えがあるが
あの程度の酷道ならオジサンかなり余裕があったが
この道はキツイ!!マジでキツイ!!

12 夕闇&みくさん
「全然進まないね~」

進まないどころか半分も行かない内に日が暮れてきました^^;
あまりもの急カーブの為
時速20kmもだせない場所がほとんど
対向車早期警戒のためのハイビームも
普通に闇夜を照らす明かりとなっております。

13 霧がでてきた
日が暮れると同時に周囲には霧まででてきました。
こんな劣悪な道に所々にバス停があるのに恐れ入ります
絶対こんな路線のバスの運転手したくね~!!

14 既に真っ暗&みくさん
「真っ暗になったね」

真っ暗どころか場所によっては
車のヘッドライトの光すら飲み込むような闇です。
霧もでてるのに更に雨も降ってまいりました。

途中の標識もなかなか愉快です。
「なになに注意」とかそんな注意看板はありません
この道にあるのはこんな看板ばかりです。
「落ちたら死ぬ!!」
わかっとるわい!!(笑)

しかし夜になり後輪の軌道がサイドミラーで確認できない程の闇なので
慎重に大回りしながら山道を抜けていきます。
ほとんどの場所が1車線ギリギリしかないんだもん(笑)

せめてもの救いはこの暗くなった425号線に入り込もうという
もの好きが居ない為か
「日が暮れてから対向車が居ないのがたすかるぜ」
とフラグを立てたのがいけなかったのか
突然前方にヘッドライトの明かりキター!!

この真っ暗な細道で対向車をパスするのも色々大変だったが
なにより既に2時間以上走ってるこの1本道を
今から真っ暗な中走り抜けようという対向車に敬意を称したい
あ、やっぱり他府県ナンバーだ、ご愁傷様^^;

15 暗闇の林
なんとか残り数キロ
これくらいで道が「広い」と感じてしまうほど
感覚がおかしくなってます^^;

結局、龍神温泉に到着するも
辺りは真っ暗さらに土砂降り
温泉はあきらめて帰宅することにしました。

で?一体あの道はなんだったのだ?と
あまりもの苛酷さにこの記事を書くついでに今調べてみたら.....
すぐでました.........
「日本三大酷道路線」ってなんだよorz
短い説明だが興味のある方は(→こちら
もうね......
「安全面を考えた場合」とか
「通行は極めて困難」とか
「災害も多く」とか
行ってきた者としては見るだけで何故か楽しくなる言葉があふれています(笑)
先日酷道暗峠に行ってしまったのも
この日の朝からゆっくりコメダ等により道したのも
今思えば全てこの道を通る為のフラグだったようにも感じます(笑)
いや~なんにしても無事に帰ってきてよかった(笑)

しかし困った事が一つ、「日本三大酷道路線」の他の2つの内
四国はおじさんも聞いたことがあるが、岐阜ってしらんな~と
知的好奇心でその418号線を調べるとここにも魅力的な一文が

紀伊半島の国道425号や四国の国道439号と共に
「日本三大酷道」とまで言われているほか、
単独でも「キングオブ酷道」と呼ばれることがある。


おいおいなんだよその「キングオブ酷道」って素敵な響き.........
是非行ってみたいですあんざん先生!!(笑)
もう既に怖いもの見たさですな^^;

しかしこれほどの道を通って酔い潰れないとは大した連中だ^^;

17 K氏誕生日おめでと~
「この日お誕生日だったTK氏おめでと~♪
 これほどの道を通ったのは誇っていいかも?
 皆さんお疲れ様~♪」

スポンサーサイト
別窓 | 未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<<久し振りの家呑み | リュウジの秘密基地 | 法隆寺行ってきた>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| リュウジの秘密基地 |

ブログ内検索

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。