スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
京巡り(2日目その3)~クロスカントリー~
2009-11-14 Sat 00:15
店頭でぬいぐるみ初音ミクさんを見かけて
買わない理由で自分を説得するのに必死な管理人
リュウジのブログにようこそ。

流石にぬいぐるみは買っても使ってやれる
シュチエ―ションが思いつかないので
諦めることができました(笑)
グッズは美品で保管?
遊べる子は遊んで(使って)あげてなんぼですよ♪

そん訳でうちのミクさんを名所で撮りたいだけ
旅の記録2日目その3は続きから
01OP
「千本鳥居に行ってきたよ~♪」
前回壬生寺で昼を回ってしまったので
前々から目をつけていた親子丼で有名な「ひさご」に急ぎます。

昼のラッシュ時を避けて有名店に入る
予定通りですな(悦)
と思っていたが、残念ながら満員御礼( ̄ω ̄|||)
少し待って相席で座れたはいいが
肝心のご飯が丁度切れたらしくく親子丼は30分以上待ち(´Д`)
恐るべし有名店、侮ってましたorz.....

待つという選択肢もあったが
この日の落ちるのが早い時期
暗くなっては名所巡りも楽しくないので
「また、後で来ます」と諦め、コンビニで軽く補給して次の目的地へ

02狛狐03狛狐
御狐様x2
そう、この地は........
04伏見稲荷本殿
「稲荷神社の総本宮、伏見稲荷大社~♪」

流石超有名どころの大社です
丁度「講員大祭」という祭りの準備もあいまって
修学旅行生、観光客、作業員、宮司さん、巫女さんと
人だらけでミクさんの撮影が大変です(笑)
ま~この手の場所の写真はできるだけ人が入ってない方が雰囲気もでるので
どちらにしても人ごみが減るのを待つんですけどね
^^;

05鳥居
さて、もちろん私の場合はお賽銭を投げても
参拝目的ではありません(笑)
コロプラ的お土産「伏見稲荷のお守り」も確かに目的の一つではありましたが
この地に観光客が多い第1の理由
千本鳥居
その看板を頼りに目的地を目指します。

06鳥居巡りスタート
「伏見稲荷鳥居巡りスタート♪」

ま~例によって他のホームページで千本鳥居の写真を見て
実際見たくなってしまったのだが^^;

07千本鳥居
いや~奇麗には撮れてないけど......
実際見てみたら凄い!!
人がなかなか途切れないのでかなりシャッターチャンスを待ったけど......

DSCF3781_convert_20091106184320.jpg
完全に異世界な雰囲気をかもしだしてます。
これが有名な千本鳥居か~と
感心しながら進むと.......

08奥社奉行所から
千本鳥居エリアが終わった奥社奉行所から更に鳥居が奥へ続きます。
ここで折り返す人が多数いましたが

09三つ辻へ
折角来たので更に奥へ向かいます。
一体どこまであるのだ~?
と、千本鳥居程のの密集度ではないが
どこまでも鳥居の立ち続ける道を歩いていきます。
かなり奥まで進んでいくと、ようやく(今頃?)案内図を発見
そこにかかってあった案内図は撮りわすれたので
とりあえず代わりにこの伏見稲荷の案内図を張るが........

inarimap.jpg
なんぞこれ
この時点での現在地は三ツ辻に当たるのだがまだ上があるらしい
この日巡った他の大社のように
サクサク見学できるとおもい
下賀茂、上賀茂神社も巡るつもりでいたのだが......
ここを中途半端で終わらしたら駄目だよね?
と、見たまんま嫌な予感はするが
既に奥に進むというより登るという表現と化してる石段を進む事に

10茶店
しかし、登りになってから意外と楽しい道です。
基本的に道だろうと、石段だろうと鳥居がずっと続いているのだが
鳥居の切れ間にこんな茶店が点在しています。

11四つ辻へ
「結局今回もどこかに登ることになったね♪」

全くだ、高い所スキーの宿命としてあきらめましょう(笑)
しかし、毎度どこに行くかは調べるが、
その地がどういうところかまでは調べてない
気がつけば、金毘羅さんとか、千早城とか、丸亀城とかetc........
やめとけばいいのに、その上には良い風景があると信じて登りますよ~(笑)

12途中のお稲荷さん?
鳥居が切れると茶店以外にも何かを祭っている石碑も点在しています。
すでに何個目か忘れた(笑)

13四つ辻へ2
そしてその隣には間違いなく奥へ進む鳥居がお出迎え
伏見稲荷....思いのほか手ごわいですな^^;

14四つ辻近辺
ようやく四つ辻、そこそこ登ってきましたな。

15機動力アップ
「マスター本気登山モード?」

この日はかなり寒かったのでそこそこ重装備だたのだが
完全に体が温まってしまった。
ちょっと動きやすい服装になるべく上着類を脱ぎます
地図によれば、これから謎の山間部1周コースがはじまりますからな(笑)

16四つ辻売店
しかし、ご老人も登ってくるのか休憩できる茶店の点在率が高いです。
それが逆になんか良い雰囲気をかもしだしてます。

17売店
センスのいいディスプレイですな^^
私も少し休憩してさらに奥へ進みます。

18一ノ峰へ
「マスターあともう少しで一ノ峰だよ~♪」

四つ辻を超えて三ノ峰、間ノ峰、二ノ峰と来て全て写真に収めてるが
ぶっちゃけあんまし雰囲気かわらん(^^;)
いい加減鳥居も、茶店も、石碑も飽きてきました
だって.......多すぎなんだもん(笑)

19一ノ峰
そんな訳でようやく一ノ峰到着
ここが一番奥というか高い所になるのかな?
残念ながら周りは山林なので地上の風景はここからは見えませんでした

20一ノ峰のネコ
「一ノ峰のねこさん、みんな人慣れしてるね♪」

こんな所にも多数の小動物トラップが!?
ネコはかなり人慣れしてる子でないと
なかなか触らせてくれないので
久しぶりにモフモフしておきました(笑)

DSCF3849_convert_20091106183345.jpg
さ~既にお疲れだがあとは残り半周
&下山だ~と元気に進軍を再開したが
下りだけでは無く微妙にアップダウンのある山奥を通る道が残り半周でした(´Д`)
逆に三ノ峰から一ノ峰の似たような景色とは違い
今まであれだけあった鳥居が
急に寂しい本数(それでも普通の参道にある数では無い)になったり
御釼社、清滝、御膳谷奉拝所とか色々あったり
写真も数多く撮ったのだが
既にブログとしてアップロードするのが
面倒な量になってきています(笑)

21御膳谷分奉拝所
「写真も記事も大幅カットだね♪」

DSCF3865_convert_20091106183416.jpg
写真では明るくとれてるけど
既に周りは薄暗く、電灯の明かりが点き始めました
撮影しながらとは云え
なかなか時間がかかってますな^^;

DSCF3866_convert_20091106183444.jpg
四ツ辻に戻ってくると売店、茶店は既に閉まり
完全に夕方になってます。
早く下山しよ(笑)

22下山
「ミッションコンプリート♪お疲れ様~♪」

いや~疲れた、まさか軽いクロスカントリーになるとは思ってんせんでした
なによりもその長距離にほぼずっと鳥居が立ち並び続けるのは凄い
一体何本たってるんだ?
ま~暫く鳥居はおなかいっぱいです(笑)

さ~て、流石にこの時間から他の神社に回れませんが
まだこまかい目的が残ってます。
23タキモト
「名酒館 タキモト~♪
 マスターが日本選手権で東京に行った時に
 初めて呑んで気にいった静岡の地酒、臥龍梅を扱ってるお店だね♪」


地酒の種類は膨大な数があるので地方に行った時は
それらを味わうのも楽しみのひとつなんですが
いざ、気に入ったものがあると、
今度はそれを取り扱ってる店が少ないので
再び出会うのに苦労します(笑)

そんな訳で「臥龍梅」を入手^^
さ~昼に食い逃した親子丼を食べに「ひさご」にも向かいます。
24ひさご
営業時間も確認してませんでしたがなんとかやってました。

25名物親子丼
「お蕎麦屋さんなのに名物が親子丼~♪」

お味のほうは真面目すぎるくらい正統派
ふわとろの卵に山椒のアクセント、うん普通に美味しい。
あれ?正統派って表現が難しいぞ(笑)
例えるなら外人さん相手に
コレが日本のグルメだ!!ではなく
これが日本の親子丼だ!!と覚えて帰ってほしい味
あくまで庶民的、それでいて美味しい親子丼といった感じでした^^

26京都タワー
「もう真っ暗だよ?」

とりあえずコロプラお土産「京都タワーのキーホルダー」もゲットです。
結局この日、予定してた行程を全部回りきることは出来ず.....
大阪ににとって京都はご近所なので今まであまり気にしてなかったが
いざ巡ろうとしたら、この地は見る物が多すぎて大変ですな^^;

27
「京都巡り2日目終了~やっと帰ってきた~♪
 また皆で集まった時用のお酒
 臥龍梅が手に入ったから楽しみにしててね~♪」
スポンサーサイト
別窓 | 未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<<エリザベス女王杯 | リュウジの秘密基地 | 京巡り(2日目その2)~寺社仏閣巡り~>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| リュウジの秘密基地 |

ブログ内検索

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。