スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
岡山県新見市行ってきた
2009-11-25 Wed 20:52
先日話したコロプライベント
子犬に全力で振り回される管理人
リュウジのブログにようこそ。
昨日にブログを書く予定だったが
子犬が3連休中に予想以上に大旅行されたので
少しでも距離を稼ぐために昨日も出ておりました(笑)

そんな訳で本編だが勤労感謝の日に行われたこの旅も
発端はコロプラに絡む一通のメールから始まった。

「うちのバカ犬が確変大暴走中で880kmオーバーです
 助けてください(T_T)」


........奇遇だな私の子犬も現在トランザム中だ!!(´д`)
よく見たら旅の草案まで書かれている
OK!!むしろ私も助けてくれ(笑)
05井倉洞
「こんな感じで今回もコロプラを理由に
 岡山県新見市 井倉洞まで足をのばしてきたよ~♪」

今回の目的地は酷道クラスの道が予測されるため
珍しく早朝から出撃
岡山はこの日晴れの予報
【酷道=秋の紅葉がいっぱい】と
良い旅行日和になると思っていたが........
02加西SA
「朝から視界真白~♪」
中国道宝塚を超えてから霧?朝もや?とりあえず前が見えん(笑)
走行的には危険なのだが
どこまで走っても霧か雲か朝もやか判らない光景に
テンションは上がるが天気大丈夫か?と不安になります。

03中国自動車道
「やっと霧がはれてきたよ♪」

04高速2
おお~!!
中国道はほとんど山間部を走る道なので
なかなか霧地帯を抜けれなかったが
霧が晴れてくると雲の間に潜む紅葉たちが
後方から朝日に照らされて、なかなか良い風景が続きます。

追加
眼前に広がる秋の季節を楽しみながら
最初の目的地、井倉洞を目指します。

06絹掛の滝
井倉洞入口のすぐ横にある絹掛の滝
周囲の景色が予想外に絶景だったのだが
私のデジカメではその景色の雄大さがフレームに収まりきらず

収まらないのは仕方ないので早速鍾乳洞に入ります。
07瀬戸の池
「鍾乳洞見学はちょっとした探検家気分だね♪」
08
09
10
11
ほんと、鍾乳洞は不思議な光景が広がるのでドキドキします♪
しかし、鍾乳洞内は暗い
流石に光量が足りないのでオートでは暗くて写らず
フラッシュたくと雰囲気がでない.....
最近暗所での撮影も試しておいてよかった
小さい三脚役にたったよ
(むしろ通常サイズの三脚持って来いよ、笑)

ゆっくり鍾乳洞を堪能した後は次の目的地を目指します。
ナビに目的地を設定してナビ任せで走り出しますが
いきなり容赦ない険道(県道)で歓迎してくれます。
ま~日本三大酷道のひとつ
425号線経験者としては
ガードレールあるから全然大丈夫なんですけどね
(どんな基準だ^^;)
余裕余裕♪と離合困難な細道を山奥へどんどん進んでいると......

12
やるな険道!!
彼らは本気をだすと最終奥義通行止めを繰り出して来ます(笑)
こんな山奥まで誘い込んで迂回路を探せとはやってくれる
ってか、なんて道をお勧めしやがるこのナビ(^^;)

仕方ないのでナビは無視してなんとか迂回路を探して
目的地へと急ぎます。

01OP
「なんとか2つ目の目的地、吹矢ふるさと村到着~♪
 ロケみつの西日本縦断ブログ旅でサキちゃんが訪れた地だね♪
 後ろの吹矢小学校は日本最古の現役木造校舎らしいよ♪」


13吹矢小学校
14
15
16
この吹矢集落は銅鉱山と赤色顔料ベンガラにより
こんな山奥にも関わらず繁栄してた集落らしい
赤褐色の重厚な町並みが紅葉した山々に映え
実に良い風景でした。
今回も晴天に恵まれてよかった^^

そんな訳で次の目的地は
17吹矢銅山
「当初の予定に無かった吹矢銅山笹畝坑道見学~♪」
吹矢集落自体の下調べは全くしてなかったのだが
現地で知った吹矢集落繁栄のひとつ
銅鉱山の坑道を見学できるのなら見ない訳にはいかないだろう
と、見学をしてみたが........
追加1
鍾乳洞見てからの坑道見学は失敗だったな
ぶっちゃけ見た目のインパクトで負ける(笑)
せめてトロッコとかの軌道とかあれば
いかにも坑道ってな感じが出るのだが
残念ながらこの地は江戸時代から続く手掘り系の坑道
実用本位の(あたりまえ)無愛想な坑道でした。
でも各所にある展示用の人形達が
電動で、ギリギリと音を立てて動く様は
ある種のお化け屋敷感覚で面白いかも?(笑)

19
坑道を出ると正面には紅葉に染まった山々がお出迎え

寄り道をしたので昼も大きくまわり
当初は隠れた岡山名物
デミグラスかつ丼を食べようと考えていたが
とりあえず下山して適当に何かを食べる事に
追加2
「また映画のロケ地発見♪
 今日巡った井倉洞は犬神家の一族
 吹矢ふるさと村は八つ墓村、
 釣りバカ日誌のロケ地でもあったんだって♪」


ま~動いていたら色々話しのネタになりそうなものとも遭遇します
モスバーガー食べに立ち寄っただけなんだけどね(^^;)

20
高梁SAにて
今日は名所巡りも目的でしたが
各地で紅葉に染まる山々が見れて実によい一日でした^^

21
「もうすぐ日が沈むね」
このカットで記事を締めればいいのに
まだコロプラ的にも私が勝手に追加した
最後の目的地が残っています(笑)

最後は日が落ちても楽しめる温泉に浸かってゆっくり
と、考えていたのだが目的地の真賀温泉.......
現地に着いたはいいがどこに車を停めればいいんだ?
まさかこんな山と川に挟まれた駐車スペースのほとんど無い温泉とは思ってなかった

仕方ないので近所の有名らしい湯原温泉に目的地を変更
着いた頃には流石に真っ暗
下調べしてないので、早速旅館の人に外湯どっかある?
と聞いたら当館にもございますよとの事
そんな訳で
23
「結構お高そうな旅館の温泉に到着~♪」
外湯が1000円とお高めだったが
周囲が既に真っ暗で今から探すのもどうかと思い
ここに決めたが、奥の温泉に案内されるまでの旅館の風情がなかなか....
貸切風呂や露天風呂付部屋もあるらしく
ここは1泊いくらくらいするんだろ?(笑)

入った外湯の温泉もなかなか設備が良く
シャンプー類も馬油シャンプー等
良い物が置かれていて結構満足のいく温泉でした

しかし、帰宅後この旅館の1泊の値段が気になり
湯原温泉を調べたら
そこには凄い風景が映っていた!!

しまった.....いつもの下調べ不足は、
そこから発生するちょっとした失敗を楽しむつもりでもあるのだが
今回のは少し後悔してしまった
何故調べずに行ってしまったのか?
この温泉街が西の横綱といわれる由縁が判ったよ......
湯原温泉め......
君の存在に心奪われるではないか(笑)
そんな訳で是非近いうちに
もう一度湯原温泉に参りましょう!!

追加3
「湯原温泉名所砂湯、下調べ不足は残念だったね♪
 今回同行したメンバーもその風景を知ったら
 やっぱり後悔するのかな?
 次この地に訪れるのが楽しみだね♪
 皆さんお疲れ様~♪」
スポンサーサイト
別窓 | 未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<<ねんぷちボカロ買ってきた | リュウジの秘密基地 | コロプライヴェント苦戦中>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| リュウジの秘密基地 |

ブログ内検索

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。