スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
大和ミュージアム行ってきた
2010-01-30 Sat 22:00
予約し忘れたねんどろいどルカさんを
買いに日本橋に出かけたが
既に一般販売分は完売という
ねんどろいどルカ難民と化す管理人
リュウジのブログにようこそ。

今まではねんどろいどミクさんを除いて
ボーカロイド系はリンもレンも兄さんも
予約が必要のないくらい店頭で余っていたので
今回は予約をしてなかったのだが
まさかの購入できず!?
ルカさんの人気を侮ってましたorz.....

ま~最近はミクさんだけが居たら
特に不満はないんですけどね(笑)
そんな相変わらず旅の御供はねんどろいどミクさんな
旅の記録は続きから

01OP
「大和ミュージアム行ってきたよ~♪」

02
「18切符でお昼頃に呉駅到着~♪」
毎度おなじみ既に18切符の時期は終わっているのに
記事にしてない旅の記録がまだまだ残っていたりします^^;
03
「駅前のおっきなスクリュー
 造船の町らしいオブジェだね♪」

呉と云えば造船
呉と云えば軍港
呉と云えば戦艦大和
子供の時に植えつけられた
史上最大という名の戦艦大和
男の子はいつまでたっても
最強とか最大とかの言葉に弱いものです(^^;)

今回はある意味子供の頃の憧れに対する聖地巡礼ですな(笑)
04
「潜水艦見つけた♪」
呉駅から大和ミュージアムへの道案内を頼りに進んでると
突然目の前に潜水艦発見
大和ミュージアムの隣の海上自衛隊呉資料館の展示潜水艦だそうで
平成16年まで籍があった本物の潜水艦だそうです。
05
「大和ミュージアム到着~♪」
06
入口広場の横には湾内で謎の爆発を起こし沈没した
戦艦陸奥の主砲身や主梶が展示されてます。
当たり前なのだが、実際見てみると
主砲ってでかいものですな^^;
07
入場してすぐ目の前に、この大和ミュージアムメイン展示物
1/10スケール戦艦大和が姿を現します。
追加1
追加2
追加3
追加4
「本当に大きな展示物だね♪」
10分の1スケールとは云え
全長26mもあれば模型とは云え巨大過ぎです
しかし、戦艦大和のプラモデルは子供の頃たくさん作ったけど
(ガンプラ?子供の頃はスケールモデルの人だったから知らんな~、笑)
最強を目指して造られたものというのは
今見てもカッコイイものですな。
08
「1/10大和の木甲板サンプル♪
 4ヵ月もかけて1/10大和の木甲板を一枚一枚匠の手で再現されたんだって♪」


戦艦大和に限らず様々な軍艦や船の模型も展示されていました
09
10
11
12
13
ああ~タンカーも巨大でカッコイイですな~
最近は旅客機もB747の数が減って寂しい話です(笑)
14
軍事マニアという訳ではないのですが
呉の造船としての町の歴史や呉港から就航した軍艦達
そして戦艦大和に関する様々な資料
造船や船に関する知識
思ったより見るべきところや知識の再確認があり
思わず長居してしまいました。
例えば戦艦大和といえば艦橋の周囲を
針鼠のように対空火器が取り囲む後期バージョンが一般的なのだが
子供のころ何かの図面で見た戦艦大和艦橋の周囲を取り囲む副砲4つバージョン
火力は正義!!と思わせるような浪漫武装が
実在したとは思いもよらなかったよ(笑)
15
「ゼロ戦や特殊潜行艇、砲弾とか色々見てたら
 さっきの海上自衛隊資料館てつのくじら館に寄る時間無くなっちゃったね♪」

大和ミュージアムでこんなに時間をかけてしまったのは予想外
てつのくじら館もどれくらい興味を魅かれるのか判らないので
次回この地に来た時の楽しみにでもして
他の周るつもりだった所を巡ります。
16
大和波止場
実物大の大和をイメージして造られた波止場
手前の円形の色違いのブロックの位置が46cm主砲の位置にあたるそうです。
17
「呉港を行きかう船がみれるね♪」
18
潜水調査船しんかいや水中翼船「金星」も同広場に展示されています。
19
「海上自衛隊の船も停泊してるよ♪」
20
21
海上自衛隊呉地方総監部があるので
結構な数の自衛隊関係の船が停泊してます。
22
「日が傾いてきたから急がないと
 次の目的地まで意外と距離あるよ?」

帰りの電車のタイムリミットが迫ってますな
呉の歴史を象徴する工場群が一望できる
歴史が見える丘という場所に急ぎます。
23
そんな訳で歴史が見える丘
大和ミュージアムで見た溶接ブロック建造法という方法で
船が造られてる真っ最中のようです。
24
その隣では海上自衛隊の新造艦がドックに待機してたりもします
25
「あの屋根の場所で戦艦大和が造られたんだって♪」
ドック自体は既に埋められているそうですが
あの場所が大和の故郷になるそうです
壁には大きく赤文字で「大和のこきょう」と書かれていたりします。

呉には他にも現役潜水艦を間近で見れるスポットがあったり
海上自衛艦艇の一般公開もあったりするのですが
今回は残念ながらタイムオーバー
撤収を開始するとしましょう。
26
再び大和波止場まで戻ってきました。
夕暮れの波止場って何故か旅情をかきたてられます
今から帰らなきゃならないんですけどね(笑)
27
「結局時間ギリギリまで観光するんだね♪」
28
今回は見事に聖地巡礼のような観光になりましたが
コロプラ的にも風景撮影的にもミクさんの野外撮影的にも
満足のいく内容になりました。
呉にはまた来てみたいものですな^^
スポンサーサイト
別窓 | 未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<<映画三昧 | リュウジの秘密基地 | ぷち当たり>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| リュウジの秘密基地 |

ブログ内検索

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。